腰が痛くて目が覚める。
朝起きた時に腰と肩が痛い。
疲れが取れた感じがしない。

そんな悩みを抱えていませんか?

こんにちは。生活アドバイザーのもふるです。

合わないマットレスで寝ていると、腰が痛くて目が覚めたり、朝ひどい肩こりに悩まされます。

買い換えたくなっても大きな買い物なので、「次は失敗したくない」と思いますよね。

【どんなマットレスを買えば、腰痛や肩こりがなく快適に寝られるのか】

これが分かれば失敗はありません。

あなたに合ったマットレスの選び方を今回ご紹介します。

スポンサードリンク

腰痛・肩こり・ヘルニア持ちさんに合うマットレスとは

様々な身体トラブルを避ける為には、身体を全体で受け止めてくれる体圧分散に優れた寝具であるかが重要になります。

体を均等に支えることで寝返りを打っても理想的な寝姿勢をキープできるからです。

そもそも腰痛・肩こりの原因は何?

腰痛や肩こりの原因は、マットレスの硬さ・反発力にあります。

腰をしっかり支える高い反発力がないマットレスを使うと、体が沈み込むので、寝姿勢が悪くなるのです。

逆に、硬すぎると体の凸凹に合わず、隙間ができて部分圧迫してしまいます。

▼イメージ図

出典:高反発エアツリーマットレス|腰痛対策マットレス

マットレス選びの重要なポイント2つ

下記の2点を抑えたマットレス選びをすれば、悩みが解消されます。

▼安いマットレスとウレタンは避けて!

ニトリなどの安さを売りにしているメーカーは、低反発ウレタンを使った商品がほとんどです。

このマットレスによく使われる低反発ウレタンは、へたりやすいです。

ずっと使っていくと、へたって反発力がなくなり、寝た時に身体の1番重たい場所である腰が沈んで、くの字型(猫背)になります。

そうすると、寝姿勢が悪くなりますので、特に腰痛持ちの方はより一層腰が痛くなります。

立っている姿勢のままが、寝ている時にも再現出来れば身体にとって1番良いのです。

▼選ぶならポケットコイルか高反発ウレタン

点で支えるポケットコイルは体圧分散に優れていることで大変有名です。

らせん状に巻いたコイルを袋状のポケットで包んでいることから、『ポケットコイル』呼ばれています。

このポケットコイルが体を支えているので、体の凹凸にフィットし、一番思い腰が沈み込むのを防ぎます。

  • コイルの数
  • 錆対策加工
  • 通気性の高い布素材

などで品質や価格に差が出てきます。

安易に安い物を買うと、
  • 体圧分散性が低かったり
  • コイルが錆て破損してしまったり
  • 蒸れてカビ・ダニが発生したり

などしてしまうので、品質にはこだわったほうが良いです。


もう1つの高反発ウレタンは、体をふんわりと押し上げてくれるような寝心地なのでポケットコイルと同様におすすめができます。

おすすめのマットレス厳選2つ

管理人おすすめのマットレスメーカーを2つ紹介します。

▼ポケットコイル式

▼スリープセレクト オンラインショップ


【クレアシオン】というシリーズがポケットコイル式の商品です。

シングルで86,400円しますが、高級・高品質のマットレスで満足度が高いので安心してくださいね。

【スリープセレクトのおすすめポイント】
  1. 自社工場にて質の高い商品の製造を行っている
  2. 国内外の厳しい審査規格をクリアした商品のみを販売
  3. 耐久性が高い
  4. 日本の気候にも適している

公式サイトで詳しく見る

▼高反発ウレタン

▼モットン

従来のウレタンであればヘタって反発力がなくなって、寝姿勢が悪くなっていまいますが、モットンの高反発ウレタンは、8万回の耐久試験にも耐える優れた耐久性があります。

ダニを寄せ付けない素材なので、ダニが気になるなら一石二鳥の商品です。

公式サイトで詳しく見る

カビないマットレスに必要なのは『通気性』

カビは、湿度60%を超えると急速に増殖力が増します。

日本は梅雨から夏にかけてジメジメした季節が続き、湿度も高くなるので、想像するとゾっとするほどのカビ大国です。

あなたが防カビ対策のマットレスを探しているなら、『ウレタン』素材のマットレスは避けてください。

ウレタンは、湿気がこもりやすくカビが生えやすいからです。
※カビにくいように開発されたウレタンマットレスも探せばあります。

最近は新しい素材のマットレスが増えていますが、従来の金属コイルの方が通気性がよくカビにくいです。

素材だけでなく、
  • 壁に立て風を通す
  • 除湿シートを活用する

などのひと手間で圧倒的にカビの発生を抑えることができます。

除湿シートは商品によって効果がだいぶ変わるので、選んだ方がよいです。

【ちょこっとお得情報】

私が愛用しているのに、モットンの除湿シートという商品があります。

この商品は、
  1. くり返し使えて経済的
  2. 干し時が分かる湿気お知らせセンサー付き
  3. アンモニアに対する消臭性が特に強い
  4. 耐久性が高く、吸水・吸湿の繰り返しや天日干しの光による吸水性能の低下がみられません
  5. 塩分の含まれた寝汗もしっかり吸収

などとても優秀なので、気になったらチェックしてみてください。

モットンの除湿シートの詳細はコチラ


ダニを寄せ付けないマットレス

洗えない・干せないマットレスは、ダニが繁殖しやすいです。

また正しいダニ対策をしないと、逆効果になるので気を付けなければいけません。

【ダニ対策の順番】
  1. 薬剤などを使用してダニを退治・駆除する
  2. 掃除機で吸引する
  3. 防ダニグッズを活用する
  4. こまめに手入れをして再発防止をする

ダニの駆除はとても手間がかかります。

毎日使う寝具なので、薬剤の使用も気が引けますよね。

だからこそ、ダニの寄り付きにくい素材のマットレスを購入して、『ダニ』ストレスのない睡眠タイムを送ってください。

ウレタン素材のマットレスにすれば、
  • 木綿
  • 羊毛
  • 羽毛

などと違いダニや害虫が住み着きにくいです。

ただ、カビやすい商品が多いので、日陰干しをこまめにする必要があります。

まとめ

悩み別マットレスの選び方をご紹介しました。

  • 腰痛・肩こり・ヘルニア持ちでお悩みの方
  • ⇒ポケットコイル式を選ぶ。
    もしくは、
    高反発ウレタンのマットレスを選ぶ。

  • カビない・カビにくいマットレスを希望の方
  • ⇒金属コイル式のマットレスを選ぶ。
    ※ウレタン素材のマットレスはNG
    もしくは、
    除湿シートの活用・壁に立てかけ風を通すこと。

  • ダニにお悩みの方
  • ⇒高反発ウレタンのマットレスを選ぶ。

  • これらすべての悩みを解決するしたい方
  • ⇒ポケットコイル式のマットレスを選ぶ
    もしくは、
    高反発ウレタンを選ぶ(+ 除湿シート)