1歩目 すし博 「ランチコース12貫 ¥5,500」@鎌ヶ谷(千葉県)

投稿日:

こちらは、千葉県鎌ケ谷市にある江戸前鮨のお店です。
自宅から40分程度車で走らなければならないので結構遠いですが、予算の範囲内で一番評価の高かったこちらのお鮨屋さんで江戸前寿司デビューすることにしました。

すし博の看板メニューはミョウバン不使用の「ウニ」

ウニは好きですか?
私はウニが嫌いでした。あの薬っぽいような生臭いような味が嫌で嫌で、いつもウニは主人にあげていました。

江戸前寿司に興味を持つようになってから色々勉強したところ、薬っぽいような味は「ミョウバン」という硫酸アルミニウムカリウムの味だそうです。ウニは形が崩れやすいため、それを防止するためにミョウバンが使われるので、一切ミョウバンを使っていないウニを探すのはとっても難しいです。しかし、ミョウバンの味がしないウニは最高に美味しいと聞きます。

前置きが長くなりましたが、このすし博の「ウニ」はミョウバン不使用です。ミョウバンの替わりに海水を使っているので、ウニの本来の旨味を存分に味わうことができます。

ランチコース12貫 ¥5,500

ランチタイムのコースは夫婦で行きやすい価格になっていて、ランチコースは¥3,600と¥5,500のどちらかを選びます。


自家製ガリ
塩気が抑えめで甘みを全面に出したガリ。
竹生姜の薄切り。
[voice icon="https://edomae-zushi.com/wp-content/uploads/2020/04/882-1.png" name="管理人" type="l"]漬物などの酢の物全般が苦手な夫婦で、ガリも普段食べません。
でも、こちらのガリを食べてからガリに対する印象がガラっと変わり、ガリを食べる楽しみを覚えました。[/voice]


菜の花と生湯葉の春らしいスタート。
湯葉も店主小口さんの自家製だそうです。

明石の鯛明石の鯛2日熟成させたもの。
『美味しいスシ=鮮度』が高いと思っていたので、築地によく食べに行っていましたが、新鮮さだけが美味しさを決める訳ではないということが衝撃的でした。

青森のヤリイカ
歯ごたえを出すために、上が耳で下が胴体。
上下で違う部位を使っていることに驚き。確かにそれぞれ歯ごたえが違って愉快です。
醤油をつけて食べるのとは違って、塩とすだちの組合せも美味。

平貝
淡泊な味のを引き立てるために海苔を挟んでいる。
使用している海苔は『こんとび』。

関さば
食べやすいよう薄切りにしているそうです。
今の私では、言葉でこの美味しさを表現することができません。

戸井のマグロ
戸井という地名に聞き覚えがありませんでしたが、調べてみると国産鮪の代表格でした。
鮪の高級感のある味わいと身の色がとても綺麗であるのが印象深いです。

かんぬき
針魚(さより)の大きなものをかんぬきと呼びます。
包丁の入れ具合がとても良いのか、噛むとシャリと鮨種のほどけ具合が良かったです。

北海道落石のバフンウニ
HPを見た時から楽しみにしていたウニが出てきました。
店主小口さんは、ウニの風味を最大限に楽しんでもらうため一時期海苔を巻かず、シャリとウニだけでだしていたところ、上手に食べられないお客さんがいたので、ほんの少し海苔で巻いて食べやすくしたと言っていました。
[voice icon="https://edomae-zushi.com/wp-content/uploads/2020/04/882-1.png" name="管理人" type="l"]私は器用とは遠い存在なので、この海苔が少し巻かれたウニも少し苦戦しました(笑)[/voice]

和歌山のカワハギ
上にキモを乗せている
キモが得意でない人もきっと美味しいと思える味だと思います。
これも関サバと同じで、どんな風に美味しいのか説明できなくって、もう一度食べたいです(笑)

潮(うしお)汁
さわらと鯛。
塩気が丁度良く、だし汁がとっても美味しいです。

鮭のヅケ
上にネギが乗っています。
回転寿司くらいしか出てこないのかと思っていたら、鮭のヅケがでてきました。
結構江戸前鮨でも珍しいのかな?と思います。

津島のあなご
ツメと塩(柚子・ワサビ)の2種。
骨は柔らかく、口当たりも良いです。
ツメも美味しいです。塩と柚子もあなごの味をまた違った面から楽しむことができるので、この食べ比べは最高でした。

玉子
しっとりしたカステラのような食感です。

小豆モナカアイス
最後口がさっぱりするので嬉しいです。これは5,500円のコースにしかでてこないようです。

『すし博』に対するえどめぐ夫婦の感想

江戸前寿司デビューをこちらのお店にして良かったです。

仕込みや下準備にとても時間がかかっているのが見受けられますし、煮たり炙ったり、ヅケにしたりと様々な手法の鮨を食べさせてくれました。

味もネタもどれも美味しく、苦手なものは事前に聞いてくださる気遣いも心地よかったです。
江戸前鮨に対して知識がないのですが、そんな私たちが解るように店主小口さんが丁寧に説明してくれるし、気さくに楽しく話を聞かせてくれるので、とても楽しい時間があっという間に過ぎていきます。

帰りの車の中は、お互いテンション高めに、何が美味しかったのかを言い合いました。こちらのお店は、これから通い続けます。

すし博のお店情報

[box class="glay_box" title="すし博のお店情報"]
料理人は銀座の有名寿司店をはじめとする数店にて修行を積み重ねた小口博史さん
千葉県鎌ケ谷市富岡1-10-3
047-404-8813
https://www.sushihiro.jp/

[/box]

-
-, , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© もふるの生活箱 , 2020 All Rights Reserved.