家計・貯金

節約生活を始める前に知っておきたい!固定支出の削減

更新日:

節約しているのに、お金が貯まらないと困っていませんか?

我慢の毎日イライラしたり、ギスギスしていませんか?

こんにちは、お金の教養ゼミ・講師のもふるです。

毎日のランチを100円ずつ節約したり、
コーヒーを我慢したりする節約術がよく紹介されます。

ですが、こうした細かい節約は、ちょっとした誘惑で使ってしまう無駄遣いなどで、一瞬で吹き飛んでしまうくらいの金額にしかならないものです。

今回は、節約効果の一番高い固定費の支出を見直していきますよ。

1.固定支出とは何か

ランチやコーヒーを我慢するなどのお手軽節約とは違い、手続きや会社の比較などが必要になってきます。

しかし一度節約ができると、放っておいても節約状態が継続します。

我慢して節約することと比べると、ストレスはないので、真っ先に取り組べきです。

固定支出とは、
  • 家賃
  • 光熱費
  • 通信基本料

など毎月固定の金額支払いをしなくてはいけないお金のこと。

 

2.共通して節約できる固定支出

各家庭ごとに適正なバランスは異なりますが、減らせる固定支出には共通するものがあります。

①.スマホの契約プラン

スマホに月額2,000円以上払っているなら、すでにスマホを持っている人も見直した方がよいです。

大きな支出の削減にもなるので、格安SIMの利用は必須と思ってください。

もふるの料金プラン料金(税抜)
ミニマムスタートプラン900円
音声通話機能付帯料700円
合計1,600円

 

※通話は、基本LINEやMessengerなどを利用し、極力使用しないようにしています。

利用している格安SIMは、IIJmio(みおふぉん)です。

調べた結果、ネットよく勧められている楽天やUQなど安くなく、IIJmio(みおふぉん)が一番安かったのでこれにしています。

 

「高めのプランを契約したけど、意外と携帯使っていなかった」という勿体ないケース多いので、ぜひこの機会に格安SIMの利用を検討してください。

②.電気・ガスの基本料

電気の基本料金は、A(アンペア)で決まります。

アンペアブレーカーの数字を確認してみて下さい。
*画像*アンペアの写真

契約のアンペアの大きさ=同時に使用できる電気の量です。

基本的には30A~40Aで十分ですので、それ以上のアンペアで契約している場合は、電機会社に連絡して契約を変更してください。

もしくは、電機会社を変えるのも節約方法の1つです。

私も、色々比較をして東京ガス・電気から別の会社に契約を変更しましたよ。

現在の電力会社からもらう検針伝票で電気料金のシュミレーションができるので、比較してみてくださいね。

③.ケーブルテレビ

ドラマやアニメ、音楽が楽しめる有料チャンネルを契約している家庭が多いです。

■代表的なサービス名
  • wowow
  • スカパー
  • TSUTAYAの月額制サービス
  • U-NEXT
  • Amazonプライム

 

まずは、契約料金を見て元取れているのかの確認から始めます。

「いろんな映画やアニメが見れていいけど、そんなに見てないかも」と思ったら、解約の検討をしてください。

「さすがに解約するのは嫌だ」という場合は、Amazonのプライム料金を支払って、ネットTVを見られるようにするという方法もありますよ。

Amazonは、様々なサービスの中で一番料金が安いですし、
  • 送料が無料
  • お急ぎ便が無料で使えて当日・翌日に商品が届く
  • 映画・TV番組が見放題
  • 100万曲以上が聴き放題

などサービスが充実しています。

年間3,900円(税込)なので、今の契約よりもかなり安くなるはずです。

④.家賃

すぐにはできないことですが、引っ越しも節約の1つです。

収入に見合っていないところに住んでいるなら、収入に合った家賃の家に引っ越したほうが良いです。

購入した場合は、ローンの返済額=家賃でので、現在の返済金額のチェックをしてくださいね。

収入に見合っているのか・いないのかを判断するときに大切なのは、月収ではなく年収です。

もふる
よく【家賃の目安は月収の3割】と言われていますが、間違いだニャ

昔は、景気も良かったので会社から家賃補助なども出ていたので、月収の3割を家賃に使っても問題ありませんでした。

しかし、不景気の今、家賃補助を出している会社は殆どありません。

家計を大きく圧迫されてしまいますので、正しい家賃の目安は年収の2割~2.5割です。

もちろん家賃の金額に比例して、初期費用や更新料金も増えるので、安いに越したことはありません。

年収から見た賃料の目安
  • 年収200万円⇒3.3万円~4.1万円
  • 年収300万円⇒5万円~6.3万円
  • 年収400万円⇒6.6万円~8.3万円
  • 年収500万円⇒8.3万円~10.4万円
  • 年収600万円⇒10万円~12.5万円

はっきりとここで申し上げますが、年収200万円からその下に当てはまる場合、実家で暮らした方がよいです。

転職などして収入を上げてから、実家を出ることをおすすめします。

3.固定支出の節約まとめ

今回、節約の基本である固定支出の削減についてお話しました。

10円20円ではなく、もっと効果の高い節約を心がけると、ケチケチしたり、夫婦でギスギスすることがなくなりますよ。

家計簿を付けられるようになると、この固定支出の削れる部分が見えてくるので、どんどん取り組んでくださいね!


間違った貯金方法で
辛い思いをする前に
お金の教養講義を受けよう
無料で勧誘も一切なし!

⇒ファイナンシャルアカデミーの【お金の教養講座】受講する4つメリット

-家計・貯金
-,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© もふるの生活箱 , 2020 All Rights Reserved.