小さい頃にならっておくと良い習い事は何かご存知ですか?

子育てを経験したママさんが、おすすめの習い事をご紹介します。

子供の習い事

こんにちは、生活アドバイザーのもふるです。
今0歳から始められる知育教材は、たくさんありますよね。

「うちの子も何か始めたほうがいいのかな」
「でも、たくさんありすぎて何を始めればいいかよくわからない」

色々してあげたくなる気持ちや、「今のうちにやらなくちゃ!」と焦る気持ちはわかります。

だからといって一度にたくさんの習い事に通ったり、知育教材を買ったところで、子供のためにはなりません。

かえってストレスを与えてしまうことにもなります。

小さい頃の経験が後々大きな財産になることは間違いありませんが、子供と向き合って今何が必要かを見極めてあげるのが大事なのです。

今回は、おすすめの習い事を習い事の選び方とあわせてご紹介します。

スポンサードリンク

1.習い事の選び方

あなたの友人は、子供に英会話を受けさせているかもしれません。
もしくは、スイミングやピアノに通わせているかもしれません。

でも、友人には友人夫婦の考えがあってのことです。
あなたは、あなたの夫婦の考えで子供の習い事を決めていく必要があります。

ただ、一つ言えることは、【教育はお金をかければよい】ということではありません。

冒頭でお伝えした「一度にたくさんの習い事に通ったり、知育教材を買ったところで、子供のためにはなりません」というのも同じ意味です。

ここでは、具体的な習い事の選び方をお話しますね。

①.習い事に通う目的を明確にする

習い事に通うことが目的になってしまい、その先のゴールが親にも子供にもないというのは、貴重なお金と時間を使っているのに勿体無いことです。

はっきりとした目的がないというのは、ゴールのないマラソンを永遠と走っているのと同じですよ。

習い事というのは、どんな力をつけさせたいのかという目的がしっかりしていないといけません。

習い事に通うことで、子供につけさせたい能力は、何ですか?

私には、習い事を通して子供につけさせたい能力が下記の2つです。

  • 深掘り力
  • 環境適応能力

どういった能力なのかを順にお話していきますね。

▼深掘り力

深掘り力とは、誰に言われるまでもなく、1つのことを探求し、理解を深めることのできる力です。

  • サッカー選手になりたい
  • 野球選手になりたい
  • 漫画家になりたい
  • 宇宙飛行士になりたい

そんな夢を自力で追いかけられ、どんな壁にぶつかっても乗り越えていける、とても大切な能力です。

▼環境適応力

もう1つ環境適応能力は、生きていく中でとても大切な能力です。

世の中国や地域によっていろいろな常識やルールが存在します。

また、十人十色ですから、一つの考えに縛られる柔軟に生きていくために欠かせない能力です。

十人十色とは、好み・考え・性格などが、人によってそれぞれ異なることをいうニャ

この2つの能力が、教育のゴールといえる子供の自立に必要なものです。
この2つの能力得るためには、色々な経験をさせる必要があります。

ただ、何度も言っているように一度に色々なことをさせたり、世の中にあるものを全てやらせるわけにはいきません。

そこで親が目的に合わせて、判断をしていく必要があるのです。

②.習い事を選ぶ基準

習い事を選ぶ基準としては、下記の主に2つです。
  • なるべく子供のためになりそうなもの
  • 10年先でも廃れないような基礎的な能力

そこに、タイミングやステップを見極めるという親の判断力が必要ですが、難しいことではありません。

子供と一緒に親も深掘り力を身につけていけばよいのです。

自分の子供にとって何がいいのか、いつがいいのかを調べたり、いろんな体験会を一緒に参加してください。

その度に、親も深掘り力と環境適応力を鍛えられて、教育について頭を抱えるほど悩むことはなくなりますよ。

もふるもふる

親自身も子供と一緒に学ぶのが教育なんだニャ

2.習い事はいつから?生後6か月から始められる

最短だと、生後3か月から習い事ができます。

できることなら、生後3か月を目安に習い事を検討してみてください。

遅くても1歳から始めて3歳までに色々な経験をさせましょう。

だいたい3歳ぐらいになると脳は80%近く完成すると言われているニャ。

だから、人格にも大きな影響を与えられるのが3歳になるまでなんだニャン。

①.0歳~3歳までの習い事

生後3か月から親の補助なしに歩けるようになるまでは、
  • 見る
  • 聞く
  • 触る
  • 体を動かす

などのことしかできませんよね。

生後3か月から始められるおすすめ習い事は、3つあります。

▼通信教材

1つ目は、通信教材です。
生後3か月から対象教材があるのは、こどもちゃれんじbaby(ベビー)です。

  • 玩具を使った教材
  • 絵本
  • 音楽
  • 知育プログラム

がバランスよく組まれているので、それだけでも子供知育は十分です。

▼英語

2つ目は、英語です。
赤ちゃんの耳はとても敏感なので、英語の発音を覚えるのに最適な時期だからです。

しゃべれるわけではないので、ディズニーの英語システムのような、CDやDVD聞いたり見たりする教材が最適です。

スポンサードリンク

▼スイミング

身を守るためにも泳げるようになったほうがよいので、水への順応性を高める親子スイミングがオススメです。

小さい時に溺れるなどの恐怖体験をしてしまうと、恐怖症になってしまったりするので、赤ちゃんの頃から親と一緒にプールに入るという経験はとても重要ですよ。

どんなスクールでも、たいてい子供を抱っこししてプールの中を歩いたりするので、親の健康維持にもつながります。

もふるもふる

ダイエットにもなるので一石二鳥ニャ♪

3.3歳からおすすめの習い事

ここから3歳以降の子供におすすめの習い事を紹介します。

①.英語・英会話

0歳~3歳の年齢でもおすすめの英語は、3歳以降もおすすめの習い事です。

以前は、中学生で英語の授業をやっていましたが、今は、小さい子供の方が耳がよいという理由から、小学校から英語の授業が始まったのです。

つまり、年齢が低ければ低いほど、英語の発音を聞き取れる力があるということです。

異国の言葉を知る必要性があるというのを、子供のころから理解することは環境適応力をつける良い機会です。

英語が嫌いと言って英語を勉強しない人が、国際化が進んで、【英語ができない=仕事のできない人間】というレッテルを張られるようになった社会ですから、英語の習い事は必須と言っても過言ではありません。

英語・英会話の平均費用
  • 入学金⇒ 5,000円~1万円
  • 教材費⇒ 1万3千円~1万7千円
  • 月謝⇒ 5千500円~6千500円

 *通学ペースによって大きく変わるスクールもあります。

②.水泳

0歳~3歳は、水に慣れるということをメインにレッスンしますが、3歳以降は泳ぎを習うようになります。

泳ぐことで、
  • 基礎体力の向上
  • 集団行動の協調性・社会性

を身に着けることができます。

また水の冷たさによる皮膚への刺激が、自立神経の働きを高め、風邪をひきにくくする体を作ります。

健康に育ってほしいという親からしてみれば、ぴったりの習い事ですね。

水泳の平均費用
  • 入学金⇒ 5,000円~1万円
  • 月謝⇒ 7,000円前後 

*スクールによってだいぶ異なります

③.ピアノ教室

習い事の定番、ピアノもおすすめです。

リズム感を養うだけではなく、表現力や感受性を豊かにさせることができます。

また、できるようになるまで練習をし、完成度を上げるために更に練習をするという地道な習い事なので、忍耐力も養うことができます。

ピアノ教室の平均費用
  • 入学金⇒ 5,000円前後
  • 教材費⇒ 教室によって異なります
  • 月謝⇒5,000円前後

④.空手

空手を習う一番のメリットは、礼儀作法が身につくことです。

他にも、基礎体力作りにも力を入れるので、丈夫な体になります。

ふざけたりすると大けがをする危険性もあるため、ふざけたり悪いことをしたらしっかり叱ってもらえます。

そういった指導があるので、やって良い事とやってはいけない事の分別ができるようになり、社会性も身につきます。

空手の平均費用
  • 入学金⇒ 4,000円~1万円
  • 月謝⇒2,000円~9,000円

 (教室や頻度によってことなります)

⑤.サッカー

男の子に人気の習い事がサッカーです。

サッカーは、常に走りまわるスポーツですので必然的に体力がつきます。
また、チームスポーツなので協調性を養うので、コミュニケーション能力が身につきます。

サッカーの平均費用
  • 入学金⇒1,000円~5,000円
  • 月謝⇒6,500円前後

 (教室や頻度によってことなります)

⑥.幼児教室

幼児教室は、私立小学校を受験しようと考えているならご存知かと思います。

たまに、「受験するつもりはないのに、幼児教室に通わるのは間違っているのか」という質問がありますが、間違っていません。

  • 学ぶ姿勢
  • 興味や関心を広げる
  • 気持ちや状況をことばで伝える

など人格形成に大切なことを身につけることができます。

また、満1歳から入会できるところも多いので、保育園に入れない場合にも幼児教室はとても役立ちます。

幼児教室の平均費用
  • 入学金⇒1,000円~5,000円
  • 月謝⇒5,000円~1万円

 (教室や頻度によってことなります)

⑦.リトミック


リトミックという言葉を聞いたことがないという人も多いですが、リトミックは近年、私立小学校の受験内容に組み込まれるほど重要視されています。

リトミックとは、音楽を用いて
  • 身体的
  • 感覚的
  • 知的

に優れた子供の教育をする音楽教育方法のことをいいます。

ピアノ教室と被る分野ですが、
  • ピアノ教室は費用がかかりすぎて難しい
  • 近くに教室がない

などの問題があるばあいは、リトミック教室を選ぶとよいです。

リトミックの平均費用
  • 入学金⇒5,000円前後
  • 教材費⇒ 3,500円~6,900円
  • 月謝⇒7,000円前後

 (教室や頻度によってことなります)

4.まとめ

3歳からおすすめの習い事を紹介しました。

習い事で身に着けてほしいものは何かという目的を明確にしてから、習い事を選びましょうというお話をしました。

習い事を選ぶ基準
  • なるべく子供のためになりそうなもの
  • 10年先でも廃れないような基礎的な能力

周りがやっているからと流されるのではなく、子供のために本当に必要なものを選んであげてください。